2018年09月13日

奄美・沖縄世界遺産へ 「生物多様性」で再推薦 遺産候補地科学委【南日本新聞2018年9月13日】

 2020年の世界自然遺産登録を目指す「奄美大島・徳之島・沖縄島北部および西表島」の遺産候補地科学委員会が12日、鹿児島市であった。「生態系」と「生物多様性」で当初推薦していた遺産の価値は、再推薦では「生物多様性」に一本化する方針を確認した。区域設定も一部見直し、候補地の分断を解消する。
 昨年2月に提出した推薦書では、島々で独特な生物進化が見られる「生態系」、多くの希少種が生息する「生物多様性」を価値として挙げていた。
https://373news.com/_news/?storyid=95954

http://archive.is/46hHw

posted by BNJ at 10:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: