2018年09月13日

【台風21号】岸和田だんじり祭・ハトの放鳥中止…鳩舎倒壊、戻った50羽と再起誓う飼い主【産経WEST2018年9月13日】

 勇壮さで全国に知られる大阪府岸和田市の「岸和田だんじり祭」(15、16日)で、恒例行事となっていたハトの放鳥が今年は中止されることが13日、分かった。台風21号の影響で、岸和田市内にあったハト小屋が倒壊し、約140羽いたハトが逃げたり死んだりしたためだ。被災から数日後に、生き残ったハトのうち一部は小屋に戻ってきたが、今年の放鳥は断念。飼い主の西野清和さん(70)は「楽しみにしている子供たちのために、また飛ばしたい」と再起を誓っている。

 放鳥は6年前の平成24年から、だんじり祭1日目に行われるパレードで実施。運営団体からの依頼を受け、西野さんが毎年担当していた。「ハトは平和の象徴。『祭りで事故がないように』ということでちょうどよかったんやろね」と振り返る。

 西野さんがハトを飼い始めたのは約10年前。がんで亡くなった知人男性から形見代わりに3羽の白いハトを譲り受けたのがきっかけだ。最初は家でゲージに入れて飼っていたが、ハトたちが子を産んだりして数が増えて手狭になったため、友人の敷地を借りて小屋を建てた。

 ハトの数は約140羽になり、一羽一羽訓練を重ねて、約100キロ離れた場所で飛ばしても小屋に戻ってくるようになっていたという。

 今年も15日のパレードに向けて準備をしていたが、4日に近畿地方に上陸した台風21号の強風でハト小屋が倒壊。中にいた多くのハトは逃げ、倒れた巣箱の下敷きになって死んだハトもいた。「なんで台風が来る前に別の場所へ避難させへんかったんやろ」と自分を責めたという。

 しかし、被災数日後から逃げたハトたちが次第に戻ってきた。最初は数羽だけだったが少しずつ数は増え、現在、修理した小屋にいるハトは約50羽。それでも祭りで飛ばしていたハトの半分にみたず、放鳥は中止にした。

 ただ、西野さんはハトを飛ばすことをあきらめたわけではない。西野さんは祭り以外にも、地元の幼稚園や小学校などの卒業式でハトを飛ばしており、地元の子供たちからは「ハトのおっちゃん」と親しまれている。

 遠くへ飛んだハトが小屋に戻ってくるように、岸和田を巣立った子供たちにもいつかふるさとに戻ってきてほしい−。ハトには、そんな願いも込められている。西野さんは「今はつらいけれど、子供たちのためにも、これからもハトを飛ばし続けたい」と話していた。
https://www.sankei.com/west/news/180913/wst1809130045-n1.html
https://www.sankei.com/west/news/180913/wst1809130045-n2.html

http://archive.is/kQER4
http://archive.is/yHY5r

タグ:レース鳩
posted by BNJ at 21:54 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: