2018年09月14日

岐阜 小瀬鵜飼の魅力、わかっちょる? 岐阜の方言でホームページ【中日新聞2018年9月14日】

岐阜の方言で小瀬鵜飼の魅力を語るホームページ

 関市の長良川で小瀬鵜飼の屋形船を運営する関遊船は十三日、日本語(標準語)、英語に次ぐ「三言語目」のホームページとして、岐阜の方言版を開設した。

 屋形船に乗ったことがない地元住民に対し、鵜飼いを身近な存在としてアピールしようと、関遊船が市ビジネスサポートセンター(セキビズ)の協力で企画した。市内在住のセキビズ職員が方言を監修。「静かで真っ暗けの中でやっちょるのは小瀬鵜飼だけやよ」「こんな目の前では、なかなか見れえへんよ」と魅力を紹介している。

 今年の鵜飼いは十月十五日まで開催。永田千春事務長は「地元の人も『いつでも乗れる』と思わず、気軽に乗りに来てもらいたい」と話している。

 (鈴木太郎)
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20180914/CK2018091402000043.html

https://megalodon.jp/2018-0914-1042-18/www.chunichi.co.jp/article/gifu/20180914/CK2018091402000043.html

posted by BNJ at 10:43 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: