2018年09月15日

タンチョウ鶴が集まる黒竜江省・扎龍保護区【AFPBB News2018年9月15日】

【9月15日 CNS】中国・黒竜江省(Heilongjiang)扎龍(Zhalong)国家自然保護区では6日、内外の旅行客らが大湿原に集い、タンチョウヅルが群れをなして飛ぶ姿を見守った。

 現在、世界で生存する野生のタンチョウヅルは約2000羽。絶滅危惧種に指定されており、扎龍の湿原には約300羽が生息している。同保護区内には、半ば人工で繁殖・飼育されているタンチョウヅルが409羽おり、中国で最も重要なツル類の研究教育基地となっている。
http://www.afpbb.com/articles/-/3189700

http://archive.is/I1VFv

posted by BNJ at 22:04 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: