2018年09月17日

いつまでも元気でね 長寿動物に特製ケーキ 姫路【神戸新聞NEXT2018年9月17日】(オオバタン)

特製ケーキを見つめるオオバタン=姫路市本町
 姫路市立動物園(兵庫県姫路市本町)で17日、「敬老の日」にちなみ、長寿動物のオオバタン1羽と、エゾヒグマ2頭に好物で作った特製ケーキがプレゼントされた。早速ケーキを食べる姿に、子どもたちから「かわいい」と歓声が上がった。

 オオバタンはオウムの仲間で体長約50センチ。年齢不詳だが、同園で飼育を始めて丸32年になる。甘えん坊な性格で好物はピーナツという。一方、エゾヒグマは雄のフウ、雌のマシュウでともに1991年生まれの27歳。人間では75歳に相当するという。餌の食パンやニンジンを与える際は、好物の蜂蜜を塗るなど食欲の増進に気を配っている。

 この日は野菜や果物などをドーム状に重ねた直径約20〜25センチのケーキを用意。元気よく平らげるエゾヒグマと、警戒した様子のオオバタンが対照的だった。大阪市から家族で訪れた女児(8)は「お年寄りに見えない。また会いに来たい」と笑顔だった。(地道優樹)
https://www.kobe-np.co.jp/news/himeji/201809/0011649563.shtml

http://archive.is/submit/

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: