2018年09月22日

三次の鵜飼 試練の年終える /広島【毎日新聞2018年9月22日】

雨模様の中、今季の営業を終えた三次の鵜飼=広島県三次市の馬洗川で、岡本幸信撮影
 三次市の夏の風物詩「三次の鵜飼(うかい)」が20日、今季の営業を終えた。遊覧船の乗客数は昨年より2216人少ない1521人で、過去2番目の少なさだった。

 シーズン最終日の20日夜は雨が降る中、遊覧船5隻に38人が乗船、最後の鵜飼いを楽しんだ。出船前のセレモニーで、三次市観光協会の政森進会長(68)…
https://mainichi.jp/articles/20180922/ddl/k34/040/419000c

「三次の鵜飼」が今季の営業終了【中国新聞アルファ2018年9月21日】
雨の中、今季最後の営業となった三次の鵜飼(20日午後7時43分) 三次市観光協会は20日、同市の伝統行事「三次の鵜飼(うかい)」の今季の営業を終えた。西日本豪雨による中断と再開、10日間の期間延長という異例のシーズン。総乗客数は、1521人と前年を大きく下回った。(ここまで 100文字/記事全文 377文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=467074&comment_sub_id=0&category_id=112

地域が支えた三次の鵜飼営業終了【中国新聞アルファ2018年9月22日】
鵜を操る鵜匠。三次の鵜飼が災害を乗り越えて再開した(8月9日) 三次市の「三次の鵜飼(うかい)」が、20日で今シーズンの営業を終えた。西日本豪雨による被災を経験した異例のシーズンの乗客数は、「47水害」に見舞われた昭和47(1972)年の1344人に次いで2番目に少ない1521人だった。(ここまで 113文字/記事全文 697文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=467403&comment_sub_id=0&category_id=112

http://archive.is/sEIWx
http://archive.is/L4sC4

posted by BNJ at 22:39 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: