2018年09月28日

(サックスブルーの想い)昇格満25年 喜びをともに【朝日新聞デジタル2018年9月28日】(ジュビロ磐田/サンコウチョウ)

来場者にプレゼントするフリースポンチョを着用した大久保嘉人選手=磐田市

 11月16日でジュビロ磐田は1993年のJリーグ昇格決定から満25年を迎えます。これもひとえに、ファン・サポーターや地域の皆様、スポンサーの皆様、ジュビロに関わる全ての皆様のご支援、ご声援のたまものと心から感謝を申し上げます。

「サックスブルーの想い」
列島Jコラム
 満25年を記念し、11月3日にサンフレッチェ広島戦を「25th Anniversary Day ヤマハ・ヤマハ発動機マッチ」として、様々なイベントを企画中です。会議には、社内の各部署から集まってもらい、「どんな企画が喜んでもらえるだろうか?」とみんなで考えています。

 「来場記念品をプレゼントしよう」「ジュビロのクラブキャラクターの三光鳥の本物ってみんな知っているかな?」「トロフィーがあるので、展示以外で使えないか?」など様々な意見が出ました。

 現在ホームページで公表している内容は、記念グッズの内容と当日スタジアム来場者1万3500人に配布するフリースポンチョです。フリースポンチョは11月3日という時期を考え、またその後も使ってもらえそうなグッズとして選びました。デザインもいくつかの中から、チェック柄を選び、皆様に喜んでいただける商品になったのではないかと思っています。それ以外の企画も随時発表していきますのでご期待下さい。

 J1リーグは現在、混戦状態となっています。ぜひスタジアムに来ていただき、皆様の熱き応援で勝利の後押しをお願いします。(柳原弘味・ジュビロ磐田事業推進部長)
https://www.asahi.com/articles/ASL9V3JF0L9VUTPB006.html

http://archive.is/ybiuQ

posted by BNJ at 21:37 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: