2018年09月20日

野鳥観察舎を建替え 9月補正予算に設計費計上(市川市)【日本建設新聞2018年9月20日】

 市川市は、かつて県が整備・運営し、今年4月に廃止された行徳野鳥観察舎(福栄4-22-11)について、既存施設を解体した跡地利用として、新たに市が野鳥を観察できる施設を建設することを計画、県に提案している。村越祐民市長が定例会見で明らかにしたもので、開会中の市議会9月定例会に提出された一般会計補正予算案に、設計委託料1,400万円を計上するとともに、繰越明許を設定しており、予算が確保できれば設計の委託手続きを進める考えだ。

 昭和54年12月に県によって開設された行徳野鳥観察舎は、県民に対し自然に親しみながら、野鳥の生態に触れる機会を提供することにより、県民の教養の涵養や、レクリエーションの提供を目的に設置されたもの。

 既存施設はS造3階建て延べ605・78平方mの構造・規模。敷地面積は1,320・88平方mで、建築面積は321・51平方mとなっている。2、3階の観察スペースには、行徳湿地を一望できる計44台の望遠鏡が備えられており、学校の1学級全員が一度にガラス越しに観察できたほか、野鳥に関する資料の展示コーナーなども設けられていた。

 平成27年6〜10月に県が実施した耐震診断で、最小の構造耐震指標値(Is値)が0・11という、基準となる0・6を大きく下回る結果となったことを受け、県は利用者の安全を考慮、27年12月末で施設を休館とすることを決めた。

 県では施設の継続使用には耐震改修に加え老朽化などから大規模修繕が必要なこと、エレベーターがないなどバリアフリー化が必要なことのほか、利用者数がほぼ横ばいであること、移譲への協議に当たり市が引き受ける意向を示さなかったことなど、施設に隣接する行徳湿地は今後も県が管理を継続していくものの、野鳥観察舎については広域的な利用の観点や、老朽化などの問題から、県の施設として維持する必要性が低いと判断。廃止することを決めた。解体工事の入札も済ませている(結果は未公表)。

 施設開設時から17年度まで県から業務委託を受け、18年度から26年度までは指定管理者として同施設を管理していた市川市は、跡地の活用としてあらためて野鳥の観察施設の整備を計画。規模として既存施設より少し小さい延べ400平方m程度を想定しているといい、今後建設場所の扱いなどについて県と協議するとともに、施設に持たせる機能なども検討。32年度早期の供用開始を目指したいとしている。
http://www.jcpress.co.jp/wp01/?p=21709

http://archive.is/GLcz8

県行徳野鳥観察舎 「県と共同設置」 市川市長が意向 /千葉【毎日新聞2018年6月19日】
県行徳野鳥観察舎 存続を 環境保護7団体、市川市に要望書 /千葉【毎日新聞2018年5月25日】
旧陸軍赤レンガ建物 市川市が取得断念 費用負担が多額に /千葉【毎日新聞2017年1月12日】
2016・記者ノート 地域の歴史を守る意味 /千葉【毎日新聞2016年12月25日】(行徳野鳥観察舎/既報関連ソースまとめあり)
県行徳野鳥観察舎 廃止の方向で検討【読売新聞2016年7月23日】
千葉)行徳野鳥観察舎「存続適当でない」 県行革審【朝日新聞デジタル2016年5月21日】
行徳野鳥観察舎存続を 千葉県野鳥の会、署名提出【千葉日報オンライン2016年4月14日】
行徳鳥獣保護区 フィールドミュージアム研究会 市川で5日、設立シンポ 江戸前干潟の活用検討 /千葉【毎日新聞2016年3月2日】
水辺の自然観察拠点、存続か廃止か 千葉の休館施設巡り【朝日新聞デジタル2016年2月28日】(行徳野鳥観察舎/既報関連ソースまとめあり)
野鳥観察の拠点、危機 千葉・行徳野鳥観察舎【朝日新聞デジタル2016年2月23日】
【千葉】「野鳥観察舎」は存続、「赤レンガ」は保存を 市川市長が知事に要望【東京新聞2016年2月4日】
行徳野鳥観察舎廃止が大勢 県行政改革審議会【産経ニュース2016年1月20日】
【千葉】「観察舎」存続へ署名計6411筆提出 県行革審の審議前に【東京新聞2016年1月19日】
【千葉】日本野鳥の会など知事に要望書提出 行徳の観察舎存続求め【東京新聞2016年1月15日】
【千葉】赤レンガの「保存」 野鳥観察舎「存続」 市川市長、県に要望へ【東京新聞2016年1月14日】
【千葉】県が廃止方針「行徳野鳥観察舎」 市民団体「自然守る拠点、存続を」【東京新聞2016年1月13日】(既報関連ソース多数)
行徳野鳥観察舎 県が廃止検討 「自然守る拠点、必要」 最終日570人来館、存続願いイラストや寄せ書き /千葉【毎日新聞2016年1月8日】
野鳥観察舎 存続求め署名【YOMIURI ONLINE2015年12月27日】
行徳野鳥観察舎 28日に休館 老朽化、耐震基準下回る 野外観察会や救護活動は継続 /千葉【毎日新聞2015年12月13日】(他2ソース)

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: