2018年09月29日

愛知・蟹江 高速ICにサギ数千羽営巣 増え過ぎ懸念【毎日新聞2018年9月29日】

東名阪自動車道・蟹江インターチェンジ脇の樹木に集まるサギ=共同
 愛知県蟹江町の東名阪自動車道・蟹江インターチェンジ(IC)脇で、数千羽のサギが毎年春から秋にかけ、木々に集団で営巣するコロニーを作っている。道路を管理する中日本高速道路などは、車との衝突を避ける対策を取り、人との共生を進めてきたが、昨年から飛来する数が倍増し、地域とのあつれきが懸念されている。

 白い体を夕日に赤く染めた群れが四方八方から飛んできた。9月中旬の夕方、付近の水田などから帰ってきたサギが、高速道路を走る車の上で徐々に高度を下げ、近くの樹木に止まっていった。

 中日本高速などによると、サギは蟹江ICができて周辺の宅地開発が進んだ1970年代以降、西隣の弥富I…
https://mainichi.jp/articles/20180929/k00/00e/040/246000c

http://archive.is/uXqU3

posted by BNJ at 11:01 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: