2018年10月01日

飛行時間など課題 諏訪湖のドローン追い払い【長野日報2018年10月1日】

県諏訪地域振興局農政課は8月28日に実施した無人航空機(ドローン)を活用した魚食性鳥類カワウの追い払い実験の結果をまとめた。下諏訪町内の諏訪湖上2カ所で実施し、いずれもドローンの接近によってカワウが逃げる行動が確認できた。一方で対象鳥以外への影響やドローンの飛行時間など活用に向けた課題も明らかになった。

実験は魚食性鳥類の食害対策の可能性を検証するため、町漕艇場沖の防波堤ブロックと砥川河口で実施した。砥川河口では爆音スピーカーを搭載して近づけた。

まとめによると、砥川河口ではカワウはドローンが15メートル(高度6メートル)にまで接近すると一斉に飛び立った。20羽ほどがまとまって逃げたが、次第にバラバラに着水。このうち1羽をさらに追い掛けると、もぐって逃れた。カワウの群れにいた1羽のアオサギも一緒に逃げた。

防波堤ブロックでは爆音スピーカーを搭載せずに機体を近づけたが、カワウは飛び立ったり、水中にもぐったりした。

当日は雨が降ったため、一部の試験を取りやめた。課題としてドローンの使用が降雨や強風など気象条件に左右され、飛行時間が約20分と短い点やカワウの集団を湖外に誘導するには工夫が求められる点を挙げた。追い払いの対象以外の野鳥への影響を考慮する必要性にも触れた。

冬には魚食性鳥類の冬鳥カワアイサに対するドローンの有効性を調べるが、同課は「ドローンは追い払い作業の省力化に期待が持てるが、ドローンだけでは限界がある。船による追い払いと並行して実施する必要がある」とした。
http://www.nagano-np.co.jp/articles/38904

http://archive.is/NlJJe

ドローンでカワウ追い払い 諏訪湖で実証実験【長野日報2018年8月29日】
ドローンでカワウ撃退 諏訪湖で初の実験へ【信濃毎日新聞2018年8月22日】

posted by BNJ at 11:23 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: