2018年10月02日

マガン、鴨池で冬支度 加賀に飛来【北國新聞2018年10月2日】

翼を広げ飛び立つマガン=加賀市片野町の片野鴨池

 加賀市片野町のラムサール条約登録湿地、片野鴨池に渡り鳥のマガンが越冬のため飛来し始めた。市鴨池観察館によると、今季の初確認は9月29日で、昨年より4日早く、ほぼ平年並みとなる。

 国天然記念物のマガンは体長約70センチで、片野鴨池には毎年9月から12月ごろにかけてシベリア方面から群れで飛来し、3月ごろまでに北へ戻る。

 29日に2羽が飛来し、1日現在では昨年から居着いている1羽を合わせ計3羽が羽を休めており、餌を求めて近隣の水田へ向かう姿が見られた。同観察館によると、片野鴨池には28日現在、マガンの他、コガモやマガモなど渡り鳥約1500羽が飛来している。
https://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20181002103.htm

冬の使者 マガン飛来…加賀・片野鴨池【読売新聞2018年10月3日】
羽を広げるマガン(加賀市片野町の「片野鴨池」で)=竹村一朗撮影

 ラムサール条約に登録されている加賀市片野町の湿地「片野鴨池かたのかもいけ」に、冬の訪れを告げる国天然記念物のマガンが飛来した。

 鴨池観察館によると、9月29日午後4時頃、2羽の飛来が今シーズン初めて、確認された。昨年より4日ほど早いという。マガンは池で休息したり、羽を伸ばしたりしている。

 マガンはこれから、飛来が増え、ピーク時の1、2月には2000羽ほどに達する見込み。同池には毎冬、トモエガモやマガモなどの水鳥が多数飛来し、国内有数の越冬地として知られる。
https://www.yomiuri.co.jp/local/ishikawa/news/20181003-OYTNT50051.html

http://archive.is/41D9A

posted by BNJ at 11:06 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: