2018年10月04日

コウノトリ3羽、静岡に 安倍川河口【静岡新聞アットエス2018年10月4日】

安倍川河口に飛来した3羽のコウノトリ=3日午後、静岡市駿河区
 静岡市駿河区の安倍川河口付近で3日、国の特別天然記念物コウノトリが3羽確認された。
 日本野鳥の会静岡支部の伴野正志副支部長(67)によると、装着されたGPSや足輪から、1羽は千葉県野田市で放鳥されたオスの「ひかる」(2016年3月生まれ)とみられる。残りの2羽は足輪から、福井県と兵庫県からそれぞれ飛来したオスとみられる。3羽は同日午後5時ごろ、河口付近に相次いで姿を見せ、浅瀬で羽を休めていた。
 伴野副支部長によると、3日現在、国内で屋外に生息するコウノトリは約100羽。伴野副支部長は「若い鳥は群れだって行動することが多い。出どころが違う3羽が同時に見られるのは珍しい」と話した。
http://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/549115.html

http://archive.is/5OlMM

タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 11:10 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: