2018年10月11日

カメラ探訪 福井市 屋内動物舎「ハピジャン」 ガラス張りのジャングル /北陸【毎日新聞2018年10月11日】

大きなくちばしが鮮やかなオニオオハシ=福井市の動物舎「ハピジャン」で、岸川弘明撮影
 福井市山奥町の足羽山公園遊園地に市が新設した屋内動物舎「ハピジャン」が人気を集めている。熱帯雨林を模した“ジャングル”には、南米やアフリカ原産の動物が放し飼いにされている。柵などの境界はなく間近に観察できるとあって、9月9日のオープン以来1カ月間で約1万2000人が訪れた。【岸川弘明】

 施設は鉄骨2階建て延べ316平方メートル。吹き抜け構造の1階展示室は自然光を取り入れたガラス張りで、木や岩に似せた装飾に人工池を配置し、熱帯の環境を再…
https://mainichi.jp/articles/20181011/ddl/k17/040/248000c

http://archive.is/9HmAh

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: