2018年10月11日

コウノトリ主人公の児童書 豊岡市内38小中学校に寄贈【神戸新聞NEXT2018年10月11日】

「げんきくん物語」を豊岡市の小中学校に寄贈した山岸哲・県立コウノトリの郷公園長(右)と嶋公治教育長=豊岡市役所
 9月に刊行された、コウノトリを主人公にした児童書「げんきくん物語」を書いた山岸哲・県立コウノトリの郷公園長が11日、兵庫県豊岡市教育委員会を通じ、同市の全38小中学校に同書を1冊ずつ寄贈した。

 同書は、同公園で産卵され、福井県から放鳥された4歳の雄コウノトリ「げんきくん」が主人公。昨シーズン、島根県雲南市でつがいとなり、豊岡周辺以外では全国2例目のひな誕生を実現させたが、妻を誤射で失う悲劇に見舞われる。しかし、今春には別のペアを見つけ、ひな4羽を巣立たせるなど、数奇な半生を歩んでいる。
https://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/201810/0011722979.shtml

http://archive.is/qO9Dm

コウノトリ「げんきくん」を本に 波乱に満ちた“半生”描く【神戸新聞NEXT2018年10月3日】




posted by BNJ at 22:09 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: