2018年10月12日

旅の途中にアカエリヒレアシシギ、米子に飛来【産経ニュース2018年10月12日】

 鳥取県米子市の米子水鳥公園に、山陰地方では珍しい旅鳥アカエリヒレアシシギが飛来した。

 公園職員が10日朝、幼鳥とみられる1羽を確認。小型のシギで、広いl園内の池をしきりに方向を変えながら泳ぎ回り、プランクトン類を食べている。上面は黒色で、目を横切る黒い線がチャーミング。全長18センチ。

 ユーラシア大陸などの北極圏で繁殖、フィリピンなどの沿岸で越冬する。国内には春と秋、太平洋などの沖合などに訪れる。渡り時期には海上にいるが、天候の悪化で内陸の池などに姿を見せることもあるという。間もなく越冬地に旅立つとみられるが、桐原佳介主任指導員は「公園には、かつては100羽以上の群れで現れました。近年は時折、単独で見られる程度です」と話している。
https://www.sankei.com/region/news/181012/rgn1810120015-n1.html

http://archive.is/dmhEX

posted by BNJ at 11:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: