2018年10月14日

イヌワシに注意、女性飼い主転んだ隙に飛び去る【読売新聞2018年10月14日】

 茨城県は12日、稲敷市の民家で飼われていた国天然記念物のイヌワシが10日に逃げ出したと発表した。イヌワシは野ウサギや子鹿なども食べることがあるため、県は、小型ペットの管理など注意を呼びかけている。


 県によると、逃げたイヌワシは体高約70センチ、羽を広げると幅約180センチ。飼育には知事の許可が必要で、稲敷市の女性は2015年度に許可を取得していた。

 女性は10日午後3時頃、自宅でイヌワシの爪を切り、屋外のオリに戻そうとした際に誤って転倒。逃げないように持っていたロープが手から離れた。イヌワシは当初、周辺にいたが、犬の鳴き声などを聞いて遠くに飛んで逃げた。両足には長さ約20センチのロープがついたままだったという。

 稲敷署から連絡を受けた県動物指導センターが現地調査を行うなどしたが、12日午後6時時点で見つかっていない。

 県は、通常見かけない大型の鳥を見かけた場合、▽センターか近隣の警察署に連絡する▽鋭い爪を持っているため近づかない――などを呼びかけている。

 イヌワシは東北地方の日本海側などに生息する猛禽もうきん類。環境省レッドリストで絶滅の危険性が高い「絶滅危惧1B類」に指定されている。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181014-OYT1T50048.html

茨城の民家からイヌワシ逃げる=体長70センチ、両足にロープ【時事ドットコム2018年10月12日】
 10日午後3時ごろ、茨城県稲敷市の民家から特定動物に指定される「イヌワシ」が逃走した。強じんな爪とくちばしを持ち、人間に危害を加える可能性もあり、県が注意を呼び掛けている。
 県などによると、飼育していた女性がイヌワシの爪を切っていたところ、誤って転倒。この際に逃げたといい、両足に約20センチのロープを付けている。女性は県知事の飼育許可を得ていた。
 逃げたイヌワシは体長約70センチ。行動範囲が広く、県は「普段見かけない大型の鳥を見かけたら自分で捕まえようとせず、近くの警察署や動物指導センターに連絡してほしい」と呼び掛けている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018101201035&g=soc

http://archive.is/wIhyy

posted by BNJ at 21:22 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: