2018年10月15日

島根)宍道湖周辺コハクチョウ飛来【朝日新聞デジタル2018年10月15日】

飛来したコハクチョウの群れ=2018年10月14日午前8時50分、松江市古志町、ホシザキグリーン財団提供

 宍道湖グリーンパーク(島根県出雲市園町)は14日、宍道湖西岸の斐伊川河口付近で今季初のコハクチョウ飛来を確認した、と発表した。

 パークを運営するホシザキグリーン財団の職員が14日午前7時半ごろ、斐伊川河口付近の上空を飛んでいる約25羽を確認した。周辺で降り立った場所を探したところ、同8時45分ごろ、約15キロ東に離れた宍道湖北岸、松江市古志町の田んぼに約30羽の群れがいるのを確認したという。

 同財団によると、30羽はほぼ一つの群れとなって、水が張られた田の中で羽を休めたり食べ物を探したりしていたという。記録のある1997年以来最も早かった昨年の確認日(5日)より今年は9日遅く、ほぼ平年並みという。(奥平真也)
https://www.asahi.com/articles/ASLBG4RWLLBGPTIB001.html

春まで羽休め【読売新聞2018年10月15日】
水田に舞い降りたコハクチョウ=ホシザキグリーン財団提供(松江市古志町で)

 ◇出雲にコハクチョウ

 宍道湖グリーンパーク(出雲市)は14日、出雲市灘分町の斐伊川河口上空などで、コハクチョウを今季初めて確認したと発表した。この日の最低気温は、県内3地点で今季の最低を観測した。

 宍道湖グリーンパークを運営するホシザキグリーン財団によると午前7時30分、職員が斐伊川河口上空を成鳥25羽が飛んでいるのを確認した。同8時45分には、松江市古志町の水田で成鳥30羽が羽を休めていた。昨年より9日遅い訪れという。

 松江地方気象台によると、14日の最低気温(午後6時現在)は邑南町瑞穂で5.1度、飯南町赤名で5.2度、浜田市弥栄で5.7度と今季最低を観測した。

 コハクチョウはカモ科の渡り鳥。ユーラシア大陸北部などから飛来し、3月中旬頃に飛び立つという。
https://www.yomiuri.co.jp/local/shimane/news/20181014-OYTNT50010.html

コハクチョウ 今季初飛来 昨年より9日遅く 島根【毎日新聞2018年10月15日】
初飛来が確認されたコハクチョウ=松江市で、公益財団法人ホシザキグリーン財団提供
 島根県の宍道湖西岸の斐伊川河口(出雲市灘分町)に14日、冬の訪れを告げるコハクチョウが今季初めて飛来した。

 午前7時半ごろには河口上空を飛ぶ25羽のコハクチョウをホシザキグリーン財団職員が確認。また松江市古志町の水田で成鳥30羽が休息しているのも確認された。同財団によると、今年の初飛来は昨年より9日遅いという。【前田葵
https://mainichi.jp/articles/20181015/k00/00e/040/131000c

http://archive.is/v7ahI
http://archive.is/ZU8JQ
http://archive.is/pRcdy




posted by BNJ at 11:16 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: