2018年10月16日

長良川、小瀬鵜飼が閉幕 台風など影響、乗船客数が最低【岐阜新聞2018年10月16日】

鵜飼じまいを締めくくる総がらみ=15日午後7時55分、岐阜市の長良川

 清流長良川を舞台に5月11日から繰り広げられてきた長良川鵜飼(岐阜市)と小瀬鵜飼(関市)が15日、閉幕した。観覧船の乗船客数は、長良川鵜飼が前年比3万4082人(30・9%)減の7万6330人で、統計のある1965年以降で最低だった。小瀬鵜飼も同2265人(27・5%)減の5973人で、86年以降で最低。7月の西日本豪雨のほか、相次いだ台風などが響いた。

 閉幕日、長良川鵜飼は705人が観覧船に乗り、1300年以上の歴史を誇る伝統漁法を堪能した。長良川鵜飼を初めて見た会社員の女性(38)=各務原市=は「今季は中止が多かったと聞いていたが、最終日に乗船できて良かった。歴史を感じることができた」と満足した様子だった。
https://www.gifu-np.co.jp/news/20181016/20181016-81887.html

http://archive.is/kpT6q

posted by BNJ at 11:09 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: