2018年10月18日

オオハクチョウ 寒さ連れてきた? 風蓮湖に飛来【北海道新聞2018年10月19日】

風蓮湖に飛来したオオハクチョウ=18日午前10時20分
 【根室】全道的に今季一番の冷え込みとなった18日、国内有数の野鳥の飛来地として知られる根室管内の風蓮湖に、「冬の使者」オオハクチョウが訪れ、優雅な姿を見せている。

 風蓮湖に面する道の駅「スワン44ねむろ」(根室市酪陽)からは、約百羽のオオハクチョウを観察できた。ロシア極東からの長旅の疲れを癒やすように羽を休めたり、ゆらゆらと水面を漂ったりしていた。

残り:134文字/全文:310文字
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/239344

http://archive.is/NUvb9

posted by BNJ at 22:14 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: