2018年10月23日

大田原に“冬の使者”ハクチョウ飛来【産経ニュース2018年10月23日】

 ハクチョウの越冬地として知られる大田原市羽田の羽田沼に“冬の使者”ハクチョウが飛来した。沼の周囲には集まった市民や愛鳥家らが水面をゆっくり行き来するハクチョウを静かに見守っている。

 「羽田沼白鳥を守る会」の長嶋昭夫会長(58)によると、今季は今月19日に3羽が初飛来。昨年より7日ほど遅かったが、ほぼ平年並みだ。今後、12月ごろからハクチョウが増え、来年1、2月にはピークを迎える。昨季は約250羽が飛来した。


 下流域にある天然記念物の淡水魚、ミヤコタナゴの保護区の水質悪化を防ぐため、ハクチョウへの餌やりは禁止。長嶋会長は「餌は与えずに見守ってほしい」と呼びかける。
https://www.sankei.com/region/news/181023/rgn1810230048-n1.html

ハクチョウ3羽が飛来 心待ちにした人駆け付ける 大田原の羽田沼【動画】【下野新聞SOON2018年10月20日】
羽田沼に飛来した3羽のオオハクチョウ

 【大田原】ハクチョウの飛来地として知られる羽田の羽田沼で19日朝、オオハクチョウ3羽が飛来したのを羽田沼白鳥を守る会が確認した。初飛来は例年並みで、昨年より1週間ほど早い。

Web写真館に別カットの写真

 同会によると、飛来は例年1月下旬〜2月上旬ごろにピークを迎える。昨年は約250羽が飛来した。
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/88847

http://archive.is/TUUek
http://archive.is/wCmYT

posted by BNJ at 11:28 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: