2018年10月22日

【茨城】冬の使者 飛来 水戸・大塚池にオオハクチョウとコハクチョウ7羽【東京新聞2018年10月22日】

大塚池に飛来して仲良く泳ぐオオハクチョウ=いずれも水戸市で

 水戸市の大塚池に「冬の使者」白鳥が飛来した。21日は快晴の空の下、ウオーキングに訪れた人が足を止めて見入っていた。飛来する個体数は今後増え、冬の多いときは例年300羽ほどが池に集まる。

 飛来が観察されたのは、コハクチョウとオオハクチョウ計7羽。コハクチョウ2羽が早朝から見られ、午前9時ごろ、オオハクチョウ5羽が合流した。

のんびりと泳ぐコハクチョウ

 近所の住民によると、オオハクチョウは羽が灰色の幼鳥を含む5羽が前日からいた。飛来は昨年も10月20日前後。3月ごろには北へ向けて飛び立つ。

 ウオーキングをしていた水戸市双葉台の成清(なりきよ)喜代さんは「いつも夕方に散歩するのですが、今日は天気がいいので朝から来ました。飛来したばかりの白鳥を見られて感動です」と笑顔で話し、写真を撮っていた。(茂木紀夫)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201810/CK2018102202000148.html

http://archive.is/wgomz

posted by BNJ at 11:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: