2018年10月22日

モズのはやにえ 秘密に迫る 久万高原・面河山岳博物館で企画展 /愛媛【毎日新聞2018年10月22日】

コバネイナゴを捕まえたモズが木に刺す決定的瞬間(「モズのはやにえ」展より)=大阪府池田市で、横田靖さん撮影
 「モズのはやにえ(早贄)」、知っていますか? 秋から冬にかけ、野鳥のモズが昆虫や小さな生き物を捕まえて木の枝や有刺鉄線に刺す行為。身近な里山で生活するモズの不思議な習性について、約300点の標本や模型、写真、最新の研究成果などで考える四国初の企画展「モズのはやにえ」が久万高原町若山の面河(おもご)山岳博物館で始まった。11月25日まで。

 「はやにえ」とは初物の献上品を指す言葉で、昔の人はモズが獲物を枝に刺す様子を見て「神様へのささげも…
https://mainichi.jp/articles/20181020/ddl/k38/040/528000c

http://archive.is/9F9Bv

タグ:モズ
posted by BNJ at 21:34 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: