2018年10月25日

米ミネソタ州からの生きた家きん輸入停止 鳥インフルで【農業協同組合新聞2018年10月26日】

 農水省は10月23日、米国ミネソタ州からの生きた家きん、家きん肉などの輸入停止措置を講じた。
 これは同州の七面鳥農場で低病原性鳥インフルエンザ(H5N2亜型)の発生を確認したと、米政府からわが国へ通報があったため。それを受けて、農水省は同州からの生きた家きん、家きん肉などの輸入を停止した。生きた家きんの輸入停止はテキサス州全域、家きん肉などは、同州発生場所から半径10q以内の地域となっている。
 昨年の米国からの輸入実績は、生きた家きんのひなで12万1527羽、家きん肉などは2万2788t、家きんの卵は1万1467tとなっている。
 なお、同省によれば、今回の輸入停止措置は、生きた家きんがウイルスに感染することを防止するためであり、食品衛生のためではないとしている。
https://www.jacom.or.jp/nousei/news/2018/10/181025-36492.php

http://archive.is/KtsZy

posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: