2018年10月26日

クジャク奉納80年記念「孔雀の舞」を披露 岩槻・久伊豆神社で例大祭 華麗な舞で大勢の観衆感動【埼玉新聞2018年10月26日】

 埼玉県さいたま市岩槻区宮町の久伊豆神社で秋季例大祭が行われ、「孔雀の舞」が披露された。1938年、旧皇族の朝香宮鳩彦王(あさかのみややすひこおう)から下賜されたクジャクが同神社に奉納されて80年を記念した催し。

 黒はんてんを着た岩槻保育園児らが掛け声を出しながら練り歩く「岩槻黒奴」を披露した後、クジャクを装った7人が登場。雅楽の音色に合わせて羽を広げるなど、華麗な舞で大勢の観衆を魅了した。

 娘がクジャクにふんして舞を披露した菅原京子さん(83)は「美しく演じて思った以上に素晴らしかった」と話した。

 2歳の長男と見学した深沢麗子さん(38)は「とても感動。将来は子どもにも踊らせてみたい」と語った。

多くの観衆を魅了した孔雀の舞=さいたま市岩槻区
https://this.kiji.is/428268113701143649?c=39546741839462401

http://archive.is/CjDfe

タグ:クジャク
posted by BNJ at 22:22 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: