2018年10月27日

渡りの季節 鳥インフル注意 根室振興局「死骸に触らず連絡を」【北海道新聞2018年10月27日】

オオハクチョウなど多くの野鳥が飛来している風蓮湖
 【根室】根室市内で渡り鳥のシーズンを迎えたことを受け、根室振興局は26日、高病原性鳥インフルエンザ警戒本部幹事会を開くとともに、風蓮湖で野鳥の飛来状況を確認した。同局は「大量に死んでいる野鳥を見かけたら触らずに連絡してほしい」と呼び掛けている。

 渡り鳥の飛来が本格化する春と秋に毎年開催している。この日は同局や根室家畜保健衛生所の職員ら約40人が出席した。

残り:386文字/全文:565文字
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/242100/

http://archive.is/y55tt

posted by BNJ at 11:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: