2018年10月27日

コウノトリ特別住民に/佐和田自治会が交付 「佐和田幸田」と命名【宮古毎日新聞2018年10月27日】

川満自治会長が特別住民票を手に子どもたちと一緒に記念撮影した=23日、伊良部の佐和田ユークイ

 伊良部の佐和田自治会(川満光則会長)は豊年祭の一種、「ユークイ(世乞う、富乞う)の前夜祭の22日、聖地の佐和田ユークイで長期滞在中の国指定特別天然記念物、コウノトリを歓迎して「特別住民票」を交付した。祭りの本番の23日、参加者らに公表された。今後、守る会の結成やTシャツ作成・販売などの活動を展開していく方針。

 佐和田地域で長期滞在中のコウノトリは22日で209日目を迎えた。特別住民票には、名前「佐和田幸田(識別番号J0067)」、和名「コウノトリ」、性別「おす(5歳)」、滞在場所「佐和田地域」、住民となった日「平成30年10月22日」などと記されている。

 名前の「幸田(こうた)は、幸せを運ぶ鳥の「幸」と佐和田の「田」を取って命名した。特別住民票は佐和田児童館に飾られる。

 川満会長は「コウノトリは縁起のよい鳥。佐和田部落が幸せいっぱいに包まれ、子宝に恵まれて人口が増えることを願っている」と期待を込めた。

 伊良部小6年の渡久山海斗君は「これからもコウノトリを守っていく」と話した。
http://www.miyakomainichi.com/2018/10/113367/

http://archive.is/EKBoV

伊良部 越夏から越冬へ/コウノトリ200日間滞在【宮古毎日新聞2018年10月14日】
100日間の滞在確認/コウノトリ【宮古毎日新聞2018年7月6日】

タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 11:39 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: