2018年10月30日

野生鳥獣の農作物被害8億円減 農水省【農業協同組合新聞2018年10月30日】

農水省は平成29年度の全国の野生鳥獣による農作物被害状況を10月26日公表した。
野生鳥獣による農作物被害金額の推移

 被害金額は164億円で前年に比べ8億円(5%)減少した。被害面積は5万3000haで前年比1万2000ha(18%)減、被害量も47万4000tで同1万3000t(3%)減となった。
 主な獣種別にみた被害金額はシカが55億円で前年比1億円(2%)減、イノシシは48億円で同3億円(6%)減、サルは9億円で同1億3000万円(12%)減となった。獣類の被害金額に占めるシェアはこの3種で87.5%を占めており、そのうちシカは44.9%となっている。
 一方、鳥類ではカラスが被害金額に占めるシェアがもっとも大きく45.9%、次いでカモ14.0%、ヒヨドリ12.7%。
https://www.jacom.or.jp/nousei/news/2018/10/181029-36517.php

http://archive.is/2ZRDH

posted by BNJ at 11:29 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: