2018年11月01日

【探鳥】アオアシシギ(青脚鷸) 秋晴れに群れ飛ぶ【東京新聞2018年11月1日】

アオアシシギ(青脚鷸) 秋晴れに群れ飛ぶ

 群馬県館林市の多々良沼で10月29日昼、飛び回るハマシギとツルシギ、アオアシシギの群れ。猛きん類が現れて驚いたのだろうか。10回ほど飛び上がって、そのたびに空中ショーを見せてくれた。翼が黒っぽくて体が大きいのがアオアシシギ。ハマシギは小さい。群れの中央付近に2羽いる脚が赤いのがツルシギだ。

 旅鳥として春と秋に干潟や湖沼などに立ち寄るシギ科。「チョーチョーチョー」と鳴く声は哀愁がある。全長35センチ。 (写真と文・堀内洋助)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/amuse/bird/CK2018110102000165.html

http://archive.is/nIVbZ

posted by BNJ at 11:08 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: