2018年11月30日

動画:みんなの「推し鳥」? 米NYのど真ん中で視線かっさらう【AFPBB News2018年11月30日】

【11月30日 AFP】米ニューヨークのセントラルパーク(Central Park)の池に現れたオシドリ。バードウオッチング愛好家が発見し、動画をツイッター(Twitter)に投稿したところ話題になった。

 オシドリは、中国や日本など東アジア原産の鳥。動物園から逃げてきたのではないかという声がある一方、ペットとして飼われていたのが捨てられたのではないかとみる人もいた。また、アヒルやカモ類の飼育が法律で禁止されているニューヨーク外から来たのではないかと推測する人もいて、臆測が臆測を呼び、人気に火がついた。

 映像は27日撮影。
http://www.afpbb.com/articles/-/3199929

どこから来た? オシドリ セントラルパークの池に極彩色の鳥【Daily Sun New York2018年11月1日】 
【10月31日付ニューヨークタイムズ】動物園などを除き通常、米国内で観測されることは極めてまれなオシドリが、マンハッタン区セントラルパーク南東の角にある池、ザ・ポンドに姿を見せ、話題になっている。
 最初に発見されたのは10月10日。極彩色の華麗な姿がSNSで紹介されると、野鳥観察家たちが沸き立った。「晩秋のショーの主役。この色は人の手では到底まねできない」と興奮気味なのは写真家のフアン・ヒメネスさん。その後2週間ほど姿が見えず、タカやフクロウなど猛禽類に襲われたのではと懸念されたが同月30日、西79丁目のハドソン川ほとりに再び元気な姿を現した。
 日本や中国に生息するオシドリは、ニューヨーク市内でペットとして飼うことは禁じられている。動物園から逃げたという報告もない。野鳥観察家のデイビッド・バレットさんは主宰するツイッターにオシドリの写真を投稿。「ニュージャージー州近辺で飼われていたのが飛んで来たか、飼い主が公園に捨てたか」と推測する。
 市公園局のジョン・マッコイさんも「どこから飛来したかは謎」としながらも捕獲する考えはないという。オシドリは水中にクチバシを入れて昆虫や植物を食べる習性があり、バレットさんは「水面が凍りつかない限りここで暮らしても大丈夫。しばらくは大都会の生活を楽しんでもらえるはず」と目を細めた。
https://www.dailysunny.com/2018/11/01/nynews181101-7/

http://archive.is/emcT4

posted by BNJ at 22:10 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: