2018年10月31日

「伊豆の野鳥たち」 愛好会が19年カレンダー製作【伊豆新聞10月31日】

伊豆野鳥愛好会の来年のカレンダー「伊豆の野鳥たち」
 伊豆野鳥愛好会(酒井洋平会長)はこのほど、会員が伊豆半島各地で撮影した野鳥の写真を使った来年のカレンダー「伊豆の野鳥たち」を製作した。

 表紙はウグイス(撮影地・松崎町)。このほか3月のヒレンジャク(同・下田市)、5月のコサギ(同・伊東市)、7月のオオルリ(同・伊豆市)、11月のアリスイ(同・河津町)など、月ごとに12種類の野鳥を掲載した。

 それぞれの野鳥について、「目」「科」など生物学上の分類、「留鳥」「夏鳥」「冬鳥」などの別、体長を記した。名前の漢字表記も載せた。

 酒井会長は「今回も、伊豆半島で撮影した野鳥でカレンダーを作ることができてよかった。見た人が野鳥に関心を持つきっかけになればうれしい」と話した。価格は1部600円。問い合わせは事務局の渡辺高助さん〈電0557(54)4088〉へ。

 【写説】伊豆野鳥愛好会の来年のカレンダー「伊豆の野鳥たち」
http://izu-np.co.jp/ito/news/20181031iz0000000031000c.html

http://archive.is/9iFgd

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: