2018年11月06日

天然記念物コクガン羽休める/八戸【デーリー東北2018年11月6日】

八戸港に飛来した天然記念物のコクガン=5日午前7時半頃

 八戸港に国の天然記念物のコクガンが飛来した。例年11月になると越冬のため、シベリア方面から訪れる。5日午前7時ごろ、八戸市鮫町恵比寿浜漁港近くの磯の上で羽を休め、時折、海草をついばんでいた。

 コクガンはマガモより少し大きな小形のガンで体長は60センチほど。黒色の体に白い腹、首には白い首輪のような模様があるのが特徴。2羽のうち首輪模様がない方は若鳥のようだ。

 背景の八甲田連峰は先週の初冠雪でうっすらと雪化粧。あすの立冬を控え、季節は確実に進みつつある。
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/kita_ar/20181106/201811050P224464.html

http://archive.is/IMEMv

タグ:コクガン
posted by BNJ at 11:25 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: