2018年11月07日

ニホンコウノトリ2羽を新たに公開 繁殖目指す 愛知・豊橋総合動植物公園【メ〜テレ2018年11月7日】

愛知県の豊橋総合動植物公園で、国の特別天然記念物に指定されているニホンコウノトリのペアが新たに公開されました。
6日から一般公開されたのは、東京都の多摩動物公園で生まれた15歳のオスと14歳のメスのペアです。豊橋総合動植物公園ではもともと2羽のオスを飼育していましたが、繁殖ができないため多摩動物公園から新しくペアを迎え入れました。

野生のニホンコウノトリは乱獲や環境の変化などで1度は絶滅しましたが、全国の動物園などが協力し、飼育下での繁殖を目指しています。ニホンコウノトリの繁殖時期は3月から4月で、園の関係者は来年の繁殖成功に期待を寄せています。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00189125-nbnv-l23

http://archive.is/v5EEt

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: