2018年11月09日

白羽の群舞 優雅 クロツラヘラサギ越冬 霧島市隼人【南日本新聞2018年11月9日】

調整池で羽ばたくクロツラヘラサギ=霧島市隼人
 鹿児島湾奥の干拓地や調整池に、今シーズンもクロツラヘラサギが越冬に訪れている。10月中旬ごろ第一陣が飛来。日に日に個体数が増えており、南国の冬を楽しんでいる。
 8日は霧島市隼人で38羽を観察。ヘラサギやダイサギ、カモ類などと一緒に餌を食べたり羽づくろいしたりして過ごし、優雅な群舞も披露していた。もう一つの集団越冬地で知られる南さつま市を含め、近年は県内に50羽超が越冬している。
https://373news.com/_news/?storyid=98277

http://archive.is/yszdc

posted by BNJ at 10:52 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: