2018年11月11日

コウノトリ1羽、両脚骨折で保護 徳島・鳴門に飛来の雄【徳島新聞2018年11月11日】

 徳島県は10日、鳴門市大麻町のレンコン田で、4月に兵庫県豊岡市で生まれたコウノトリの雄1羽が両脚を骨折しているのが見つかったと発表した。徳島市のとくしま動物園北島建設の森に運ばれ、治療を受けている。

 県などによると、10日午前7時半ごろ、コウノトリがうずくまっているのを鳴門市内の男性が発見し、県内の官民でつくるコウノトリ定着推進連絡協議会に連絡。県や市の職員らが保護し、同園に運んだ。

 獣医師が検査したところ、両脚とも骨折し、筋肉と皮膚の一部でつながっている状態だった。何かにぶつかったとみられる。

 コウノトリは6月に巣立ち、10月末に鳴門市大津町に飛来。今月6日にも市内で確認されていた。
https://this.kiji.is/434245244977579105?c=39546741839462401

http://archive.is/ExeG5

posted by BNJ at 23:07 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: