2018年11月13日

みんなの掲示板 11月13日【佐賀新聞LiVE2018年11月13日】(佐賀野鳥の会探鳥会)

【13日の催し】

 第16回木曜美の仲間たち展(18日まで、佐賀市天神のぎゃらりぃふじ山)◆白水会小品展(18日まで、佐賀市緑小路のキシカワ文画堂ギャラリー)◆木のクラフト村岡義明作品展(18日まで、佐賀市本庄町の高伝寺前村岡屋ギャラリー)◆菊池玲生展(25日まで、佐賀市天神の画廊憩ひ)◆グループゑみ日本画作品展9th(18日まで、佐賀市与賀町の山口亮一旧宅)◆五節句を花で楽しむテーブルセッティング(22日まで、佐賀市城内のNHKギャラリー=NHK佐賀放送局内)◆第60回佐賀市小学校連合音楽会(佐賀市日の出の佐賀市文化会館)◆人間国宝 柳家小三治 独演会(佐賀市日の出の佐賀市文化会館)



【巡回車】(14日)

 ◆胃がん・子宮がん・乳がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)▽8時半=玄海町・値賀分館▽9時=佐賀市・大和支所(予約制)

 ◆大腸がん・肺がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)▽8時半=玄海町・値賀分館▽9時=佐賀市・大和支所(予約制)、鹿島市保健センター(予約制)

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。



【告知板】

 ◆シャクナゲ寺の紅葉祭り

 (15日〜12月10日17時半〜20時、武雄市北方町の高野寺)境内の日本庭園を彩る紅葉を今年からライトアップする。庭一面のコケと紅葉と光が共演し、真紅の多宝塔も幻想的。受付は19時半まで。灯明料として500円が必要。小中学生は300円。高野寺、電話0954(36)3616。

 ◆佐賀県地域生活リハビリセンター見学会

 (17日10〜16時、佐賀市神野東の佐賀県駅北館1階)障害者の地域生活を応援するため、個々に応じたリハビリを組む県地域生活リハビリセンターの概要を紹介する。障害福祉サービスの講座のほか、訓練の一部も体験できる。無料。電話0952(97)7402。

 ◆佐賀野鳥の会探鳥会(バードウォッチング)「カワセミを見る会」

 (18日9〜11時半、多久市多久町の多久聖廟や牛津川)冬鳥の野鳥たちが多く観察できる多久聖廟周辺のほか、毎年カワセミが観察できる牛津川で活動する。筆記用具やメモ帳は持参する。持っている人は図鑑や双眼鏡も。観察道具は野鳥の会でも準備する。参加無料。佐賀野鳥の会角会長、電話0952(72)2710。

 ◆若年性認知症研修会

 (20日14〜16時半、佐賀市天神のアバンセ)若年性認知症当事者の声を聞き、誰もが自分らしく地域で生き生き暮らす仕組みを考える。第1部は若年性認知症患者で認知症サポート「壱行の会」相談員の福田人志さんによる講演、第2部は「若年性認知症の人の地域での生活」と題し、就労支援事務所と相談支援センターによる実践報告や意見交換がある。参加無料。申し込みが必要。認知症の人と家族の会佐賀県支部、電話0952(30)8704。



【講演会】

 ◆特別展「肥前さが幕末維新の『志』−北へ南へ、佐賀人が道を拓いた−」特別記念講演会〈2〉(第169回歴史館ゼミナール)

 (17日13時半〜15時半、佐賀市城内の佐賀城本丸歴史館外御書院)沖縄県立博物館・美術館の萩尾俊章主任学芸員が「第11代齋藤用之助の生きた時代と沖縄」と題し講演する。また歴史顕彰劇団「はがくれ」の谷口文章氏が脚本を書いた演劇「最後の葉隠武士〜神様と呼ばれた男、第十一代齋藤用之助〜」が上演される。第11代齋藤用之助顕彰会共催。参加無料。佐賀城本丸歴史館、電話0952(41)7550。



【LIVE】

 ◆第28回仏教賛歌コンサート

 (17日13時、佐賀市城内の県立美術館ホール)仏教賛歌の合唱のほか、琉球國祭り太鼓がゲスト出演する。入場無料。佐賀仏教賛歌の会事務局願正寺、電話0952(23)4001。
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/301251

http://archive.is/us4Ls

posted by BNJ at 11:06 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: