2018年11月15日

ハンター獲物追う 県内狩猟解禁【北日本新聞ウェブ2018年11月15日】

 鳥獣類の狩猟が15日、県内で解禁され、ハンターが各地の河川敷に繰り出し獲物を追った。狩猟期間は来年2月15日までで、農作物への影響から捕獲を強化しているイノシシ、ニホンジカは同3月31日まで。

 富山市一本木の常願寺川左岸では、午前6時28分の日の出とともに猟犬を連れたハンターたちが茂みに分け入った。大阪府羽曳野市、自営業、塚本保己さん(64)は、狩猟仲間6人とともに早速カモを仕留めた。「脂が乗っていておいしそう。次の狙いはキジ」と笑顔を見せた。

 狩猟の対象となるのは鳥類28種、獣類20種の計48種。主な狩猟鳥獣のキジ、ヤマドリ、カルガモ、キツネ、ハクビシン、ニホンジカの今秋の生息状況は平年並みとなっている。県内での狩猟者の登録は10月末時点で1128人で、昨季より27人多い。
http://webun.jp/item/7516916

http://archive.is/ZNoIU

posted by BNJ at 21:28 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: