2014年04月24日

いすみにコウノトリ 無農薬米水田に飛来 体長1メートル圧倒的存在感【千葉日報2014年4月24日】

 国の特別天然記念物に指定されている大型鳥類「コウノトリ」1羽がいすみ市の水田に飛来したことが23日、分かった。両脚に脚環があり、兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園内の巣塔で自然繁殖した個体だった。いすみ市でコウノトリが発見されたのは初めて。

 市農林水産課によると、飛来したのは同市岬町の水田。22日夕、農家の男性から目撃情報が寄せられ、駆け付けた職員が本物と確認した。23日朝、飛び去ったと見られている。

 脚環の識別番号は「J0041」。2011年5月生まれの3歳のメスで、体長は1メートルほど。特徴である黒かっ色のくちばしや赤い目の縁があり、田んぼを歩きながらドジョウやカエルなどをついばんでいた。

 発見場所は市が推進する環境創造型農業のモデル地域となっている。「人もコウノトリも住める」を合言葉に昨年から、無農薬のコメづくりを開始していた。その場所に取り組みのシンボルとなる鳥が舞い降りた格好だ。

 同課は「大きさで圧倒的な存在感があった。コウノトリが来てくれたらと話題にしていたらちゃんと来てくれた」と喜ぶ。

 この個体は今年3月8〜16日に多古町、同月31日に愛知県知多市、4月10日に長野県上田市でも見つかっていた。

 ◇コウノトリ 1971年に日本では野生個体は絶滅。65年、兵庫県豊岡市にある研究施設が外国から譲り受けた幼鳥で人工飼育を開始。2005年、最初の放鳥に成功した。現在は国内に75羽が生息する。豊岡市コウノトリ共生課によると、「伴侶やエサを求めて日本中を飛び回っている」。
https://www.chibanippo.co.jp/news/local/190185

http://archive.is/5HbZZ

タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: