2018年11月17日

かみね動物園に新施設 18日開館 トカゲやウミウ 42種展示 日立【茨城新聞クロスアイ2018年11月17日】

「はちゅウるい館」に展示されるグリーンイグアナ=日立市宮田町
日立市かみね動物園(同市宮田町5丁目)で整備が進められていた爬虫(はちゅう)類の新獣舎「はちゅウるい館」が18日、オープンする。ワニやトカゲ、ヘビ、カメと市の鳥ウミウなど計42種類の生き物が展示される。同園によると、北関東3県で爬虫類の展示施設は初めて。開館に先立って16日、報道陣に内部が公開された。

同園には約10種の爬虫類とウミウが飼育されていたが、獣舎は分散し、老朽化も激しかったことから、同園職員のアイデアを採用し、昨年6月に迎えた開園60周年の記念事業として整備された。

ゾウ舎脇の斜面に建てられ、2階から入って1階に回る構造。世界各地から新たに約30種の爬虫類を加え、吹き抜けの展示コーナーを設けるなど見せ方も工夫。ウミウが水中に潜って餌を取る姿も観察できる。

南米に生息するグリーンイグアナやアラビア半島にいるエボシカメレオン、成長すると体長が2メートルを超す南米のクチヒロカイマン、世界で2番目に大きい陸亀アルダブラゾウガメなどが展示されている。

生江信孝園長は「爬虫類の魅力を多くの人に知ってほしい」と来館を呼び掛けている。

この日は市が実施した旅行雑誌のライターなどを対象とするメディアツアー一行も同館を視察した。

18日は記念式典の後、午前11時から一般公開となる。 (川崎勉)

「はちゅウるい館」に展示されるエボシカメレオン=日立市宮田町※少し明るくしてください。「はちゅウるい館」に展示されるエボシカメレオン=日立市宮田町※少し明るくしてください。
https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15423780068984

かみね動物園 「はちゅウるい」見て 新施設、あすオープン 日立 /茨城【毎日新聞2018年11月17日】
 日立市のかみね動物園は16日、18日にオープンする新施設を報道陣に公開した。新施設は爬虫(はちゅう)類と市の鳥「ウミウ」を展示する「はちゅウるい館」。同園は近年35万人前後で推移している年間来場者数を40万人に伸ばす起爆剤にしたい考えだ。

 同館は地上1階、地下1階建てで、延べ床面積は約590平方メートル。開館60周年を記念し、昨年6月に着工した。建設費は約3億6000万円だ。

 展示する爬虫類は39種79点で、従来の4倍になった。南米に生息する体長約1メートルのワニ「クチヒロ…
https://mainichi.jp/articles/20181117/ddl/k08/040/125000c

http://archive.is/OOH2m
http://archive.is/HdlS9

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: