2018年11月19日

日立市かみね動物園 爬虫類とウミウが合体した「はちゅウるい館」人気に【毎日新聞2018年11月19日】

日立市「かみね動物園」に新設された「はちゅウるい館」のエボシカメレオン

日立市「かみね動物園」に新設された「はちゅウるい館」

日立市「かみね動物園」に新設された「はちゅウるい館」のクチヒロカイマン

日立市「かみね動物園」に新設された「はちゅウるい館」のインドシナウォータードラゴン

ウミウが潜水し魚をのみ込む様子を観察できるように水槽は工夫されている
 長年、地域の人に愛されている茨城県日立市「かみね動物園」(茨城県日立市宮田町5)に18日、新たにワニ、ヘビなどの爬虫類と市鳥のウミウを展示する「はちゅウるい館」がオープンした。多くの人が訪れ行列ができるほどの人気ぶり。東京から特急で1時間半と近く、太平洋も望め、海の幸も豊かだ。ちょっと足をのばしてみては……。

 同園は昨年、開園60周年を迎えた。これを記念し新たな施設を作ろうと、職員からアイデアを募集した。それまで分散し展示していた爬虫類をきちんとみせようという提案が出され、「好き嫌いがはっきりしている爬虫類の魅力を伝えよう」とプロジェクトはスタートした。

 「はちゅウるい館」は鉄筋コンクリート2階建てで吹き抜けや高低差を利用し、動物たちの姿を立体的にみることができる。ヘビ、トカゲ、カメ、ワニなどの爬虫類の他、鳥など約40種類100点が展示されている。ウミウ専用の水槽も新設されている。

 日立市は全国唯一のウミウの捕獲地。ここで捕獲されたウミウが岐阜県長良川など全国11カ所の鵜飼漁の地に運ばれていく。知られることが少ないウミウの生態を知ってもらおうとウミウが潜水し魚をのみ込む様子を観察できるように水槽は工夫されている。「はちゅウるい館」の名前も爬虫類とウミウを合わせてつけられた。

 同館に入ると中央に熱帯の樹木がうっそうとしげり、蒸し暑い。この樹木を囲むように爬虫類が展示されている。世界で2番目に大きい種類のカメ「アルダブラゾウガメ」がのっそのっそと歩き回っている。へびのように足がないトカゲ「アシナシトカゲ」も必見。しま模様の「シマヘビ」、枝に体を巻き付ける「エメラルドツリーボア」、巨大な「アオダイショウ」などのヘビ類は見応えがある。時間を決め実際にヘビとふれあえる機会も設けている。1階にはかつて日本のどこにでもあった小川が再現され、ドジョウ、タニシ、ヒキガエルなどが生息している。

 生江信孝園長は「ここでしか見られないウミウの生態やヘビとのふれあいなど、それぞれが楽しめるように工夫してあります。ぜひ一度遊びにきてください」と話す。

 <かみね動物園>かみね公園の一角にあり、JR常磐線日立駅より路線バスで10分、神峰公園口下車。常磐自動車道「日立中央IC」より車で5分。休園日は12月31日、1月1日。入園料大人510円、こども(4歳から中学生)100円。【小川節子】


日立市「かみね動物園」に新設された「はちゅウるい館」のケヅメリクガメ
https://mainichi.jp/articles/20181119/mog/00m/040/021000c

【茨城】大迫力!「はちゅウるい館」 日立・かみね動物園 40種ずらり【東京新聞2018年11月23日】
 日立市かみね動物園に、世界各地の爬虫(はちゅう)類と市の鳥のウミウを展示する複合施設「はちゅウるい館」がオープンした=写真。オーストラリアに生息するフトアゴヒゲトカゲや、南米産で緑色の皮膚も鮮やかなグリーンイグアナなど、従来の約4倍に当たる約40種類の爬虫類をそろえた。 (越田普之)

 はちゅウるい館は、開園六十周年の記念事業として昨年から整備が進められ、十八日にオープンした。「爬虫類は好き嫌いが分かれるが、好きな人にはもっと好きになってもらい、苦手な人も親しみを持ってほしい」と生江(なまえ)信孝園長。

市の鳥 ウミウ

 ウミウコーナーでは、全国で市内にしかない鵜飼用の捕獲場も再現。水槽を設けて、潜ってエサを取る様子を観察できるようにもなっている。エサやりは当面、午後一時半から。飼育員の中本旅人(たびと)さんは「市の鳥へ理解を深めてもらえたら」と願う。

 はちゅウるい館のオープンに合わせ、アニメなどで人気となっている「けものフレンズ(けもフレ)」とのコラボレーション企画も十二月三十日まで実施されている。けもフレのキャラクターによる解説ボードを獣舎前などに展示しているほか、園内のカフェでコラボ缶バッジを販売する。

 動物園は午前九時開園だが、はちゅウるい館の見学は九時半から。入園料は高校生〜六十四歳が五百十円、四歳〜中学生が百円。三歳以下と六十五歳以上は無料。問い合わせは同園=電0294(22)5586=へ。

鮮やかな緑色の皮膚 グリーンイグアナ

オーストラリアで生息 フトアゴヒゲトカゲ
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201811/CK2018112302000146.html

http://archive.is/GqJbi

かみね動物園に新施設 18日開館 トカゲやウミウ 42種展示 日立【茨城新聞クロスアイ2018年11月17日】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: