2018年11月27日

県内小春日和に 邑知潟に多くのハクチョウ【日テレNEWS24 2018年11月27日】

小春日和となった県内。羽咋市の邑知潟では、青空のもと、羽を休める多くのコハクチョウの姿が見られた。
27日午前7時すぎの邑知潟。日の出直後の朝もやのなか、多くのコハクチョウが羽を休めていた。少し時間が経つと、今度は元気よく空に舞い上がっていく。越冬する渡り鳥の飛来シーズン。この日は1500羽ほどが見られた。27日の県内はこの時季としては暖かく、最高気温は小松で18.9度、金沢で18.5度まで上がった。気象台によると、このあと次第に雲が多くなり、28日は時々雨が降る見込みだ。
http://www.news24.jp/nnn/news16331722.html

http://archive.is/kenAC

posted by BNJ at 22:25 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: