2018年11月27日

ヒドリガモやアオサギ「しぐさがかわいい」京都で探鳥会【京都新聞2018年11月27日】

望遠鏡で野鳥を観察する参加者(舞鶴市上安久)
 日本野鳥の会京都支部による探鳥会がこのほど、京都府舞鶴市の伊佐津川沿いで開かれた。参加者は望遠鏡やカメラを手に、川面や空などさまざまな場所にいる野鳥を見て楽しんだ。

 府内外から約30人が参加。同市上安久の伊佐津川運動公園近くを出発し、川沿い約6キロを2時間半ほどかけて歩いた。

 参加者は空を羽ばたくトビや茂みに隠れるアオサギ、川に頭を突っ込んで餌を食べるヒドリガモなどを望遠鏡で観察した。父親と来た昭和小4年井上万穂浪さん(10)=福知山市昭和新町=は「たくさん鳥がいた。しぐさがかわいい」とカメラのシャッターを切っていた。
https://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20181127000058

http://archive.is/gDqds

posted by BNJ at 22:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: