2018年11月29日

愛らしい仲間お披露目 桐生が岡動物園にペンギン2羽【上毛新聞2018年11月29日】

桐生が岡動物園に入園した2羽のペンギン
 群馬県桐生市の桐生が岡動物園(斎藤隆浩園長)は29日から、新たに入園したフンボルトペンギン2羽を公開する。以前から公開している3羽に加え、計5羽のかわいらしい姿をペンギン舎で見ることができる。

 2羽は高岡古城公園動物園(富山県高岡市)から来た雌の英(エイ)(6歳)と輪(リン)(同)。英は借り受けて、輪は桐生が岡動物園のヒツジと交換する形で、仲間入りした。
https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/95724

【群馬】 ペンギン2羽「よろしくね」 桐生が岡動物園で公開はじまる【東京新聞2018年12月3日】
桐生が岡動物園に仲間入りしたペンギンの英(左)と輪=桐生市で(同園提供)

 桐生市の桐生が岡動物園(宮本町)はフンボルトペンギンの雌二羽を新たに受け入れて公開を始めた。富山県の高岡市高岡古城公園動物園からの仲間入りで、計五羽を飼育することになった。

 桐生が岡動物園では既に雄二羽、雌一羽を飼育。今回の受け入れで、繁殖に取り組む。新たな雌の名前は「英(えい)」と「輪(りん)」で、環境の変化や、先住のペンギンたちにも慣れ、愛らしい姿を見せている。

 野生のフンボルトペンギンは寒流系のフンボルト海流(ペルー海流)が流れる南米ペルーからチリ北部の沿岸部で生息している。入園無料。開園時間は午前九時から午後四時半。休園日なし。 (池田知之)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/list/201812/CK2018120302000140.html

ペンギン2羽 仲間入り…桐生が岡動物園【読売新聞2018年12月18日】
富山からお引っ越し

 桐生が岡動物園(桐生市宮本町)に、雌ペンギン2羽=写真=が仲間入りした。園のペンギンは先輩の3羽(雄2羽、雌1羽)と合わせて5羽に増え、日なたぼっこしたり、泳ぎ回ったりする姿が来園者を楽しませている。

 2羽は6歳の英エイと輪リンで、高岡古城公園動物園(富山県高岡市)から11月10日にやってきた。約20羽の大所帯だった高岡に比べて仲間が減ったことも影響して当初は食欲がなかったが、少しずつ環境に慣れて、餌のアジを元気に食べるようになったという。2羽の公開は同29日から始まっている。

 問い合わせは、同動物園(0277・22・4442)へ。
https://www.yomiuri.co.jp/local/gunma/news/20181218-OYTNT50034.html

http://archive.is/BddEW
http://archive.is/JrL3Z
http://archive.is/xGfeA

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: