2018年12月12日

Country・Gentleman 被災地に育つ水鳥の楽園=C・W・ニコル【毎日新聞2018年12月12日】

アファンの森にやってきたミソサザイ=C・W・ニコル・アファンの森財団提供
 <カントリージェントルマン>

 2011年3月11日の東日本大震災の後、私たちは未曽有の災害で心身に深い傷を負った人々を北長野のアファンの森に招いた。宮城県東松島市から大人と子供を迎えたのは同年8月のことだ。この出会いがご縁となり、同市からC・W・ニコル・アファンの森財団に対し、小学校の高台移転に力を貸してほしいとの要請を受けた。森の生物多様性を高め、子供たちが自然の摂理、健全な生態系を間近で学ぶことができるような環境づくりを目指した。そして、宮野森小学校「森の学校」は17年1月完成した。津波被害を受けた野蒜小学校と宮戸小学校とを統合した小学校だ。

 私が東松島市を初めて訪れたのは、11年11月のこと。眼前の光景や話に聞く惨状に深い悲しみを禁じ得な…
https://mainichi.jp/articles/20181212/ddm/013/040/017000c

http://archive.is/k3TN3

タグ:ミソサザイ
posted by BNJ at 22:35 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: