2018年12月13日

誕生半年3羽すくすく ファミリーパークのライチョウ【北日本新聞2018年12月13日】

 国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」の人工繁殖に取り組む富山市ファミリーパーク(同市古沢)は12日、6月にふ化した3羽が順調に育っていると発表した。いずれも成鳥の鳴き声になり、白色の冬羽にほぼ生え替わった。

 体重は雌2羽が525グラムと511グラム、雄は545グラム。非公開のライチョウ舎で1羽ずつ専用のケージに入れて育てている。3羽にとって初めての冬を迎えるため、同パークでは注意して観察を続ける。
http://webun.jp/item/7524446

ライチョウ冬毛ふわふわ 富山・ファミリーパーク、ふ化半年【北國新聞2018年12月13日】
 富山市ファミリーパークで、今年6月にふ化した国の特別天然記念物で絶滅危惧種の「ニホンライチョウ」雄1羽、雌2羽の計3羽が生後半年を迎えた。全身の羽が白い冬毛に生え替わり、鳴き声も成鳥に近づいてきた。パークが12日、成育状況を発表した。

 パークによると、餌はウサギ用ペレットとコマツナが中心で、3羽の体重は511〜545グラムとなり、成鳥の体重500〜600グラムに達した。

 パークでは3羽のほか、雄7羽、雌1羽を飼育していて、いずれも健康という。ただ10月には成鳥2羽が死んでおり、飼育担当者は「3羽にとっては初めての冬なので、体調管理に気を付けたい」と話した。
https://www.hokkoku.co.jp/subpage/T20181213201.htm

http://archive.is/hffrr
http://archive.is/nvdvB

posted by BNJ at 10:29 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: