2018年12月13日

イソヒヨドリ 入間川で撮影 狭山・矢内さん /埼玉【毎日新聞2018年12月13日】

 日本野鳥の会と県生態系保護協会の会員、矢内昭夫さん(87)=狭山市=が、同市内の入間川でイソヒヨドリの雄を見つけ、撮影した。海辺の岩場に生息する留鳥で、内陸では珍しいという。

 知人から連絡を受け、11月29日午前11時20分ごろ撮影した。川の中にあるコンクリートブロックを上下に移動しながら、餌を探していたという。矢内さんは「海辺では何度も見ている。迷い鳥ではないか」と話す。

 イソヒヨドリはヒタキ科の鳥で、全長約24センチ。雄は頭や胸などが藍色で、腹が茶色。【清藤天】
https://mainichi.jp/articles/20181213/ddl/k11/040/223000c

http://archive.is/Jg3HR

posted by BNJ at 21:10 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: