2018年12月14日

クマタカ優雅に飛び 生態について解説も 釧路市動物園14日から【北海道新聞2018年12月14日】

クマタカのフライトガイドに臨むクマタカの錬と飼育員の成田浩光さん
 釧路市動物園で14日から、毎冬恒例の人気イベント「クマタカのフライトガイド」が始まる。クマタカが優雅に飛ぶ姿を楽しみながら、クマタカの生態などについて学ぶことができる。

 イベントに登場するのは同動物園で生まれ育ち、全長75センチ、翼を広げると165センチある錬(れん)(雄、7歳)。飼育員の成田浩光さんらによるエサの馬肉や笛を使った誘導で、園内の遊園地の遊具などに取り付けられた止まり木の間を飛行。最長約80メートルの直線コースを往復する。止まり木のそばでは、飼育員がクマタカの生態などを解説する。成田さんは「目の前で飛ぶ姿を見られるのはこの機会だけ。ぜひ来てほしい」と話す。

残り:56文字/全文:345文字
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/257645

http://archive.is/hV2M6

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: