2018年12月17日

下松・スケートリンクでペンギンと散歩 記念撮影や触れ合い体験に長蛇の列【周南経済新聞2018年12月17日】

ペンギンと記念撮影する親子

 「くだまつ健康パーク アイススケートリンク」(下松市平田、TEL 0833-45-0232)に12月16日、ペンギン2羽が来場し、子どもたちと触れ合った。

サンタクロースコスチュームを着てリンクに登場するペンギンたち

 島根県の「松江フォーゲルパーク」(松江市大垣町)のケープペンギン、サクラ(16歳)とミント(5歳)の2羽がサンタクロースのコスチュームを着てスケートリンクに登場。待ち受けた子どもたちは「かわいい」と声を上げて喜んだ。

 スケートリンク内を散歩した後、記念撮影や触れ合い体験があり、大勢の家族連れらが列をつくった。ペンギンに初めて触れた小学生男児は「つるつるして、かわいかった」と話す。

 1990年に開業、29年目を迎える同施設。温浴施設に併設し、夏期はレジャープール、冬期は県内唯一のスケートリンクとして営業する。

 営業時間は10時〜19時。入場料は、大人=1,200円、小・中学生=800円、幼児(3歳以上)=300円。温浴施設利用の場合は小学生以上=400円(幼児は無料)。見学のみの場合=400円。貸靴代として別途500円が必要。11月6日〜8日、12日〜14日は貸し切りのため入場不可。4月7日まで営業。

 同施設では、11月から毎週日曜(一部除く)に初心者向けのスケート教室を開催。1回=3,000円(入場料・貸靴代込み)で、9時30分〜11時。
https://shunan.keizai.biz/headline/464/

http://archive.is/Zi604

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: