2018年12月21日

かざすAI図鑑「LINNÉ LENS」が日本の野鳥全633種に対応! Linne株式会社【プレスリリース2018年12月21日】

スマホをかざすだけで鳥の名前も一発表示。認識対象は5,780種から8,204種に拡大。

左:セグロセキレイ、中:カワセミ、右:ヤマガラ

 モバイルAI/ARシステムの企画・開発・運営を行なうLinne株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役共同経営者: 杉本謙一・ヤン ヒチャン)は、「LINNÉ LENS(リンネレンズ)」において日本の野鳥全633種(*1)に対応いたしましたので、お知らせいたします。

 「LINNÉ LENS」は「かざす、わかる、生きもの図鑑」をコンセプトに、一般人でも専門家のように世界の豊かさを解釈することを可能にするiPhoneアプリです。iPhoneをかざすだけで、日本の水族館や動物園の生き物、世界の犬・猫、日本の海水魚・淡水魚・野鳥・昆虫など計8,204種の名前が瞬時にわかり、生きものごとの詳細情報もご確認いただけます。

 今後は、花・植物への対応の他、多言語対応と海外App Storeでのリリース、そして多くのご要望をいただいているAndroid版の提供を予定しております。

(*1) 日本鳥類目録改訂第7版の掲載種に対応 http://www.bird-research.jp/1_shiryo/7ed/
左:サーチ画面、中:ツリー画面、右:ノート画面


■「LINNÉ LENS」概要
サービス名:LINNÉ LENS(リンネレンズ)
サービス開始日:2018年8月13日(月)
利用料 :ダウンロード無料
     お試し無料(1日10種まで)
    LINNÉ LENS PROプラン別利用料(1ヶ月 360円, 3ヶ月 720円, 12ヶ月 1450円)
対応言語:日本語・英語
動作環境:iOS11.2以降、iPhone(Androidは準備中)
URL  :https://lens.linne.ai/
AppStore : https://itunes.apple.com/jp/app/linn%C3%A9-lens/id1406300416

■「LINNÉ LENS」運営会社
会社名: Linne株式会社
代表者: 代表取締役共同経営者: 杉本謙一・ヤン ヒチャン
所在地: 東京都渋谷区恵比寿西2-19-9 フランセスビル 1F,2F
事業 : 人工知能プログラムの研究開発ならびにモバイルAI/ARシステムの企画・開発・運営
URL : https://linne.ai/
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000036684.html

http://archive.is/MiPNW

posted by BNJ at 10:45 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: