2018年12月21日

中国、「吉祥の鳥」を日本に贈呈 トキが結ぶ中日の友情【中国国際放送2018年12月21日】

 中日平和友好条約締結40周年を記念するため、中国政府は10月、日本につがいのトキ「楼楼」と「関関」を贈りました。中国から日本にトキを贈るのは11年ぶりのことで、日本のトキ繁殖に協力するためであり、トキで結ばれている両国の友情を続けるためでもあります。

 トキは中国では「吉祥の鳥」とされ、日本では伝説の中で「仙人が飼っているツル」として、両国の国民に好まれています。現在、この2羽のトキは新潟県佐渡トキ保護センターで暮らしています。

 中国が日本のトキ繁殖に協力すると同時に、日本も政府と民間の保護プロジェクトを通じて、中国のトキ生息地の保護活動を支援しています。トキの保護をめぐる両国の協力は、世界の野生動物保護史上における成功モデルとなっています。

 佐渡市の三浦基裕市長は、「トキは中国と連がる絆になっている」と示し、中国外交部の耿爽報道官もこれに先立ち、「トキは既に両国人民の友情のシンボルになっている」と述べました。(玉華、星)
http://japanese.cri.cn/20181221/cb6f2b9c-b90a-a54e-608b-2486e7fbf394.html

http://archive.is/NQ4pD

タグ:中国 トキ
posted by BNJ at 21:25 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: