2018年12月23日

冬の旅鳥、三角池に 珍鳥ソリハシセイタカシギ【琉球新報2018年12月23日】

餌を探し回るソリハシセイタカシギ=21日、豊見城市の通称「三角池」(山原昼夜さん提供)
 冬鳥や旅鳥として知られる「ソリハシセイタカシギ」が21日、豊見城市の通称「三角池」で餌を探す様子が確認された。撮影したのはフリーカメラマンの山原昼夜さん。

 全長約40センチのソリハシセイタカシギは細長いくちばしが上に反っているのが特徴。主にヨーロッパや中央アジアに分布しており、越冬や移動の中継地点として県内に飛来する。

 この日、ソリハシセイタカシギは池の中を歩き回り、くちばしを水中に突っ込むなど、餌を探していた。

 山原さんは「生で見るのは初めてだった。こんな身近な場所で見ることができ、感動した」と声を弾ませた。
https://ryukyushimpo.jp/photo/entry-852944.html

http://archive.is/1goLR

posted by BNJ at 11:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: